Sax Axuster

記事一覧

低音が出しにくい場合

サックスで低音が出しにくい場合やキーキー鳴るなどの音のトラブルは
マウスピースの調整です、そして練習

マウスピースは噛むほどにオープンが狭く鳴り、リードの鳴る長さ、フェイシングの長さが変わります

噛まなければオープンもフェイシングもそのままですが、リードの鳴る長さが変われば音質も音の出やすさも変わります

ある程度噛む事を前提に調整する事で鳴りやすくなります

フェイシングはアルトで クラシック用でも23mm、ジャズ用で 25mm、ジャズ用ではもっと長いのもありますが、私的にはあまり長いのはお勧めではない

オープンはジャズ用で プロなら8の2.15mmこれより狭ければ音質や鳴りは変わります
クラシック用は 1.8mmから2mm

低音が出ないのは噛みすぎでリードの鳴る長さが短く鳴るので、低音の振動に足らなくなります

または本体の調整が必要です

低音だからと言っても低音域のパッドが悪いとも言えませんので、調整依頼お待ちしています