885.jpg

サックスの彫刻について

手彫り彫刻とレーザー彫刻

 

レーザー彫刻は彫刻の上からもラッカーがかかっていて、彫が浅い

レーザー彫刻のほうが彫刻からのサビは出にくい、手彫り彫刻の場合は彫刻部分からサビが出てくる。

 

 

 

中国製と台湾製はだいたいレーザー彫刻と言う事なんですが、プレスのようにも見える

レーザー彫刻よりは彫が深いが彫刻の上からラッカーがかかっている。

レーザー彫刻はもっと浅く薄い

 

 

こちらも中国製ですが、手彫り彫刻っぽい

手彫り彫刻の場合はザラザラとしていて、中国製はさらにバリがあるかのよう。

 

 

こちらも中国製ですが、手彫り彫刻っぽい、サテン風のものに彫刻

彫刻部分はラッカーも塗装もないのでサビやすい

 

彫刻の違いによる音の違いですが、手彫り彫刻の部分が多いほど、近鳴り、悪く言うと音が散る

彫刻はないほうがストレートな響きになるのではないかと思います

手彫りはとにかく彫刻部分のサビの進行が早いので、レーザー彫刻か彫刻がないほうが長持ち。

近鳴りのほうががいい人は、彫り彫刻の多い物がいいかと・・サテンもアンラッカーも近鳴りです。管の表面がザラザラしていて表面積が多いほど近鳴りです。