GWシリーズ。
サックス消音機を作ろう!

 

消音機ではなくて弱音機ですが。

 

こんなのが売ってますが、4000円近くする

20150428191705.jpg

 

見てわかるように、普通に売っているスポンジです、荒目のスポンジです100均で探しましょう。

車のボディ洗車用にもこんなスポンジあります。もっといい素材があるかもしれません。


これをネックの両端とベルに装着ですが、はたしてフラジオとか最低音とか出るのでしょうか。

私は家で強く吹きたいときは、コタツの中とか、布団とか、布を使ってますが、ベルに布を被せると低音が出ません。
フラジオは問題なく出ます、低音も弱音で出るならスポンジで作るといいですね。


ベルをふさぐと、かなり音量は落ちるので、空いてる弁からはそれほど出てない事がわかります。

 

完全に消音にしたければ、ソフトケースみたいなのを作って、手を入れる穴と、ネックを出す穴だけ付ければ完成です。

白いハードなのが売ってますが、高いしネックが痛みそうですし、容量が狭すぎて吹奏感がよくないのではないでしようか、ゆったり目の袋のほうがいいと思います。

銀色の保温シートみたいなのが売ってますが、発砲スチールが間に入ってますので防音性もいいかもしれません。できたら中で音が反射しないほうがいいと思います。

夏に向けて暑くならないものがいいですね、

 

■というわけで、スポンジは100均で売ってたので、何種類か長さの違うものを作ってやってみましたが、ネックに入れるほうは少しのほうがいいです、吹奏感に影響します。

ベルのほうに、ミカンのネットみたいなのを、量を考慮して丸めて入れたほうがいい。

でも消音量は少ない。

少し音量落としたい時とか、音を大人しくして録音したい時にはいい。

 

コタツにベル突っ込んで吹いたほうがもっと弱音

 

20150429150107.JPG

 

余裕があるなら、押入れ1畳分の壁に防音材を貼ればスタジオになりますが、夏は暑そう。

防音シートは鉛のシートが売ってます、その上に吸音材も必要。

 

車ではいろいろ試しましたが、大きなワゴンより最近の軽のほうが外にあまり響きません、壁や窓の面積が少ないほうがいいみたいです。車によって自分に聞こえる音も違います、

 

これからは外でも練習てできますが、夜中でも練習できる環境確保はまず家では無理。

 

 

 このようなもので低音を出すにはもっと容量が必要です。

いらないスポーツバックで作れそうな気がします