サックス吹く時の抵抗感

抵抗感を一番感じるのは、サックスの調整後など、タンポの隙間がなくなると、強い抵抗感を感じます、すぐに慣れてしまうと思いますが。

マウスピースではボアの狭い物(クラウドレイキーやピーチラーメタル)、ラッカーのないマウスピースなどが抵抗感強め。

調整では、レールカーブの具合、ディップの調整で抵抗感を強くできます

 

プロがよく言う、適度に抵抗感があるといい、というのは強く吹いたときに抵抗感があるといいのではないかと思います。

 

抵抗感が強いと、息が入っていかない、音量の限界が低い。利点は息が長持ちする。音が丸くなる

 

私の場合は、吹いた分だけ音量が上がるように、抵抗感は弱めにしています。

抵抗感はマウスピースの調整でできるものです。