格安中国製の、J.Michael (Jマイケル)とYAMAHAの82Zを使用していますが、(現在はセルマーも)主な違いはテーパー、材質、管の厚さです。

安いメーカーのものはどれでもいいというわけではなく、ちゃんと調整して送ってくれるメーカーのものがいいです。

メタルで大きな音を出す場合ですが、Jマイケルのほうが鉄板が厚く、管も太いので、ベルからまとまった太い音が出ます、ヤマハは鉄板が薄いので音は薄く明るい感じです。

 ヤマハは重さも軽いのですが音も鳴りやすいです。2年目でだんだん丸い音にはなってきています。

 録音ではJマイケルAL-780を主に使っています。 数年前までは評判の悪かった中国製も近年は良くなっているようです。

サックスの寿命は、日本製では歴史がありませんが、昔の日管のものがビンテージで使われていると言う話がないので、ビンテージで現在も使用されているのが多いという事で言うとセルマーが寿命が長いということだと思います。

 安いメーカーの場合は一番上位機種を選べは少しはいいと思います。 高くても調整が悪いと使用できないので、サックスは調整次第となります。 プロ選定というのがあるメーカーの場合は選定品がよく、選定から外れたものはよくないようです。

こちら安いですが自分が録音で使用しています