サックスの音程では、初心者の頃は

■C#が低い。

■上に行くほど高くなる。

■音程がバラバラ

初心者の頃は、だいたい、C#が低くて上に行くほど高くなる、だと思います。

上に行くほど高くなる、のは高音になるほど口に力を入れてるからですが、高音も噛まずに息のスピードで音を出すようにします。

 

C#が低い。は温度が低い場合にまったく合わないときがあります。管全体が温まってくると合いやすいです、他の音との中間に合わせるといいです。マウスピースの差し込み位置によってもだいたいよくなります。

これは慣れてくると、C#はベントアップ気味にして合わせるようになります。

マウスピースによっても音程が合わない場合があります、音色によっても音程が悪くても合ってるように聞こえる場合があります。

 

最近では、ネックによっても高音が合いやすいというのがあります。

 

■通常の解決方法は、チューニング時の口と曲を吹くときの口が変わるので、高めに合わせて口をゆるく吹くか、などいろいろやってちょうどいいのを探すしかありません。

■合ってるように聞かせるには、ビブラートやベントの練習が効果的です。

録音の場合は、楽器が温まってから、と室内の気温に注意。

■演奏で音程が合わない場合、特にバラードですが、1音1音に気を使って出す、ベントも効果的。棒読みと同じで、感情入れない棒吹きでは音程が悪く聞こえてしまいます。

ただ譜面通りに音を出しているだけなのか、歌っているのかでは差があります。