最近はメイヤーとメタルばかりで録音してますが

単に家で録音の場合は音の小さいメイヤーを使用しているという理由だけです

 

吹き方を変えなくても違う音が出せるという例でもありますが

ノイズを出したい場合はリードを硬めに、などリードが変われば音も変わります。

 

メタルは中国メタルのバッフル改造違いで3種類くらい使用しているので、録音によって音が違います

メタルでも弱く吹けば音は太くなります

メイヤーでも強く吹けば明るく鳴ります

 

マウスピースによる音の変化はあっても結果に違いはないので、あまりマウスピースにこだわる必要はないでしょう

録音レベルによって音量は合わせるので、マウスピース自体の音量にもこだわる必要はありません。

メイヤーはいろいろと便利です

メタルは相当に調整しないと、音が硬く鳴り過ぎたり、うまく吹けなかったりします。

 

マウスピースで悩むくらいならメイヤーで練習しましょう