1743.JPG

久しぶりにマウスピースを買った

Ottolinkオットーリンクメタル


OTTO LINK SuperToneMaster

テナーで使う人が多いメタル、今回はアルト用

 

今回はこの重いメタルがほしかったので久しぶりに買いました

リンクメタルは調整依頼でかなりの本数を見てますが

ほとんどはテーブルの調整、状態がよくないので、どう吹いてもハーフトーン

ハーフトーン奏法とかやらなくてもノイジーな音です

と言っても市販の中では、ノーマルでも鳴りやすいマウスピースです

これを調整すると太く艶のある音になるので、ハーフトーンを出したい人は調整しないほうがいいです。


ハーフトーンが出しやすいというよりハーフトーンしか出ません、強く吹けば変わりますが、音量も調整したものより小さい

今回はこの重さのマウスピースがほしかったので調整、または改造してみたいと思います

上部に縦に重りが付いたような形、リガチャのガイドかもしれませんが、重量的にもゴツいです

リガチャも無駄に大きいですが、これも重量のうち

咥える部分が太く厚いので、アンブッシュアも太い音を出したいとき、みたいな口に自然となります。

全体にポンゾールを太くした感じです

たぶんレイキーをダークに調整したもののほうが使えると思いますが、また違った音を目指します。

メッキも落ちない程度に調整します

バッフルも少し高くミドルバッフルくらいにはするかも・・

太い音も、軽い音もイメージですので、咥える部分が太ければやはりそういう口に、咥える部分が薄ければそれなりの音になります、というよりそういうアンブッシュアになる、リンクの場合は、フラジオまでとかファズとかのコントロール性がいいメタルにはならないとは思います。太い音専用ですが、そんなとこを今回は変えます