治らないビンテージもある

 

買う時やヤフオクでの注意点ですが

 

ビンテージにしてはきれいなもの等

使えなくてしまってあった様なもの、は買わないほうがいいです

きれいな割にサビや青カビが多い

 

ビンテージは使えていたもの、使っていたもののほうがいいです

使えていたもの、は何度かメンテナンスもして鳴らしていたものは鳴りもいいですが

ビンテージで使用してないものは治ったとしても鳴りはよくないです。

 

買うときはキーがすべて動くか、青カビがないか、きれいすぎないか、を確認しましょう

 

それにしてもビンテージはあまり他では修理を受け付けないのか

調整依頼は多いです

 でもちゃんと治ってます

 

ビンテージを買ったら後でも金がかかります、修理代の予算がないと維持できません

どちらかというと自分で調整できる人、でないと維持使用できないものもあります。

 

メカ的に古いので、やはり改良を重ねてきた現代の安いもののほうがずっとましです

ピッチ的にも、サックスは新しいものが出るたびに、ピッチが改善されました、と出ます、ということはメーカーはピッチは悪いものと認めているので、やはり改善された最近のもののほうがいいです。

 

 

 ビンテージでピッチが悪い場合

 もちろん調整して吹きやすくすればある程度ピッチはよくなり、またピッチコントロールもラクになります。

 マウスピースを選ぶとだいぶよくはなります、ネックはアルトの場合、ビンテージはヤマハやセルマーより少し太いので、中国製ネックくらいしか合いません

ネックジョイントに隙間があると鳴りにくいので、サイズが合ってるほうがいいです。

吹きやすくすればピッチコントロールもラク、という感じで吹きやすくするのが一番。