1177.JPG

写真きパッドの状態

上右部分のトーンホールエッジの跡が薄い

軽く押したときに息漏れが起きる原因、強く押せばいいというものではない

このようなキーがいくつもあると、低音に行くほど音が出にくくなる

分解しないとわからない部分、リーク検査だけでは不十分です、分解して修正、組み立て治しになります。

 

 

調整依頼はソプラノが多い

テナーだと多少調整悪くてもスカスカでも音は出るし、それがハーフトーンだと思っている人も多い

ツヤのある音にしたければ調整ですが、使えない事はない

 

アルトも、長いフレーズが吹けないほど息が漏れていても音は出るから、とそのまま使用している人も多いはず。高音が出しにくくても力で出るし

 

ソプラノになるとちょっと調整が悪いと音が全域出ないかまったく出ない、ソプラノで簡単に音が出ないと噛んでしまって音程も悪くなる

 

そんなわけでソプラノの調整依頼が一番多いです