記事一覧

いつも同じ音を出す

いつも同じ音を出す

これが一番難しいかも

リードが変わるから音が変わるだけなんですが
リード選んでると金がかかりすぎます

それで多少の調整をする

それで、好みの音があるのでマウスピース変えてもあまり極端には音が変わりません
マウスピースも何でもいいわけです

マウスピースに合ったリードを使う

実際には同じ音というより、同じ吹きやすさにする事
そのリードに合わせたマウスピース調整です
吹きやすさの調整で音はそうなるだけです

5年くらい前までは明るく鳴れば何でもよかったのですが
最近はダーク目のセッティング

本体が明るいので、マウスピースの調整がダーク目です

リードの選択や調整が面倒ですが好きな音を常に出したい

それには
いいと思うリードのしなり具合を覚えておくだけです
慣れたら吹かなくてもしなり具合はさわればわかります

調整は左右対象にする

硬いリードを削って薄くすると音も薄くなります
先端は削らずに、左右対象のしなり具合にするだけ

マウスピースはテーブルやレールの汚れを常にクリーニング
ラバーだと黒くて汚れがわかりませんが、メタルだと綺麗さはわかります

磨くと調整が狂うので、調整できない場合はやらない方がいいですね

マウスピースの微調整は磨く程度なのでかなり狂います

毎回軽く拭いておくのがいいです

毎回ほぼ同じ音を出すのは難しいですが、リードの選択次第です

前回のリード良かったのに、と思ったらしなり具合状態を覚えておく事です


サックスをはじめよう サックス調整 マウスピース調整