記事一覧

マウスピースのノイズ

マウスピースのノイズ

自分のマウスピースは明るく硬めな音
ノイズも出やすくしてますが

これらは調整によります

ノイズを消したい、丸い音にしたいなどは
調整致します

マウスピースの調整

ファイル 458-1.jpg

マウスピースの調整 アルトサックスの場合

ラバーでフェイシングは23mm

フェイシングは長いと音の落ち着きがなくなるので、メタルでもあまり長くないほうがいい

緑の部分、マウスピースのカーブとリードとの隙間
図では4ヶ所ですが、実際には10ヶ所以上で計測
これがもっとも重要です、レールカーブ具合でもクラシック用、ジャズ用、マウスピースメーカーによってそれぞれですが
実際にいい音にするならレールカーブ具合に種類はあまりないです

ファズやフラジオが出にくい、音がダークや明るめ、吹きやすさ、音量のすべてはレールカーブ具合によります。

オープンや吹き具合でデーターは変わります

レールカーブは、傷があったり、凸凹があったら音は良くなりません
レールカーブを掃除しただけでも変わります。

調整後の微調整は磨く程度の作業です

業者によっては、左右対称になってなくてもリフェイス終了という場合がありますが、左右対称は必要。

レールカーブとフェイシングの両方を考慮しながらの調整には時間はかかります。

普通のリフェイスのように鳴りがよくなればいい、というものではなく
音質も吹きやすさも、ファズやフラジオ具合の調整もあります

■ちょっとした調整で吹きやすくはなりますが
他の業者で、吹きやすくはなったけど音がよくならない
ということはあります。
選定品もそんな簡単な調整をして売っているものがあります。

サックスとマウスピースの調整はこちらへ

http://www.sax.coresv.com/

マウスピースのクローンを作る

ファイル 441-1.jpg

マウスピースのクローンを作る

2本は、同じ調整、同じ音に
1本は明るい音に

吹きやすさは3本とも同じように調整

まったく同じマウスピースを買っても、全く同じではないので
音がちょっと違います。

材質の均一さやバッフルの誤差、チャンバーやスロートの誤差があります
工場でもひとつの型で作ってるわけではないので
型がいくつもある場合は特にそうです

そういう場合にも調整します

最近はダーク目に調整しているので、1本だけ明るめに

マウスピースは何本持つ?

マウスピースは1本だけでいいわけですが

何本持ってる?

自分の場合は最低でも3本

メインのメタルと似たような予備
そしてラバー1本メイヤー

このメタルとメイヤーはサックスを始めた頃からのもの

何本試しても結局はこれ

さらに音のいいものや、もっと音量の出るもの
もありますが、

音で選ぶより吹きやすいものになります

くわえる部分の太さとか

マウスピース調整

ファイル 405-1.jpeg

古いマウスピースや
使わないマウスピース
使えないものはオープン変更や調整して再利用

全く吹きにくいマウスピースも調整で
選定品以上になります

音が悪い、ミスが多いマウスピースも

調整依頼お待ちしてます

マウスピース調整

ファイル 385-1.jpg

マウスピース調整

簡単なフェイシング図を載せましたが

オープンによって多少違いますが

先端から5mmとか10mmとか15mmの位置での隙間はほぼ決まっています

このデーターを元に調整しますが

データーを見ずに吹き心地や音で調整しても、フェイシングデーター値になります

ちょっとでもズレていると、吹きにくい、フラジオやファズが出しにくいものになります。

この辺はデーターがあったとしても初心者が調整できるものではありません。

そして音として重要なのが左右対称です。

調整依頼お待ちしています。

http://www.sax.coresv.com/

レイキーの調整 テナー

ファイル 362-1.jpgファイル 362-2.jpg

レイキーの調整 テナー

かなりひどい状態のレイキー
とりあえず簡単に調整

ここから吹いて微調整

最近のマウスピースの調整

最近のマウスピースの調整
と言っても、自分のですが

クリップマイクの音が硬いため、マウスピース調整はダークめにしてます
リードも少し柔らかめ

マウスピース自体ビーチラーメタルに変更も考えてましたが
やはりいくらでも調整変更できる安い中国メタルです

結局ずっとこれ

レイキーの改造版もいい感じになってますが
あと一歩

マウスピースの形状

ファイル 268-1.jpg

マウスピースの形状ですが
Theo Wanneの例

調整している立場から言うと

右のリガチャを付ける部分が凹んで穴が空いている

左は穴だけ

音としていいほうは左です

今回これの例ですが、どんなものでもマウスピースボディに
いろいろ変化があるものは音的に疑問

他に重りが付いていたり、形状が特殊なものはあまりよくない
自分が使用の物もサイドにレールが付いていてあまりよくない

形状としては丸に近く、振動としてのバランスがいいものがいい
筒としてやはり音の通る穴も中心にあるものがいい

咥える部分が薄いもの、は音も薄くなる

ラバーでは材質が重いもの、肉厚のもののほうが音は締まる
プラスチックではどうやっても軽い音

理想の形のほうが音はよく、形が悪いほど音もバランスが悪い

マウスピースの調整は

マウスピースの調整は
いいものと比べた場合ですが
調整が悪いものは、リードとマウスピースが離れているように感じますし、
調整のいいものはリードとマウスピースが一体化されているように感じ、音も丸くまとまっています

同じ音質で安定して聞こえるのは調整のいいもの

調整がよくないものはバラバラな感じで、安定して吹けません
そのために噛んだりして無理やり音を出そうとしてしまいます

もちろんマウスピースがそれほど悪くなくても、リードを選べないと悪い状態になります

ページ移動


サックスの吹きかた サックス調整 サックスでいい音を出す