記事一覧

レイキーの調整 テナー

ファイル 362-1.jpgファイル 362-2.jpg

レイキーの調整 テナー

かなりひどい状態のレイキー
とりあえず簡単に調整

ここから吹いて微調整

最近のマウスピースの調整

最近のマウスピースの調整
と言っても、自分のですが

クリップマイクの音が硬いため、マウスピース調整はダークめにしてます
リードも少し柔らかめ

マウスピース自体ビーチラーメタルに変更も考えてましたが
やはりいくらでも調整変更できる安い中国メタルです

結局ずっとこれ

レイキーの改造版もいい感じになってますが
あと一歩

マウスピースの形状

ファイル 268-1.jpg

マウスピースの形状ですが
Theo Wanneの例

調整している立場から言うと

右のリガチャを付ける部分が凹んで穴が空いている

左は穴だけ

音としていいほうは左です

今回これの例ですが、どんなものでもマウスピースボディに
いろいろ変化があるものは音的に疑問

他に重りが付いていたり、形状が特殊なものはあまりよくない
自分が使用の物もサイドにレールが付いていてあまりよくない

形状としては丸に近く、振動としてのバランスがいいものがいい
筒としてやはり音の通る穴も中心にあるものがいい

咥える部分が薄いもの、は音も薄くなる

ラバーでは材質が重いもの、肉厚のもののほうが音は締まる
プラスチックではどうやっても軽い音

理想の形のほうが音はよく、形が悪いほど音もバランスが悪い

マウスピースの調整は

マウスピースの調整は
いいものと比べた場合ですが
調整が悪いものは、リードとマウスピースが離れているように感じますし、
調整のいいものはリードとマウスピースが一体化されているように感じ、音も丸くまとまっています

同じ音質で安定して聞こえるのは調整のいいもの

調整がよくないものはバラバラな感じで、安定して吹けません
そのために噛んだりして無理やり音を出そうとしてしまいます

もちろんマウスピースがそれほど悪くなくても、リードを選べないと悪い状態になります

ヤナギサワメタル

初心者におすすめのヤナギサワメタル
当時はメタル入門用とか言われてました

クラシック用と調整が似ているので、咥え方が浅くてもいいメタルです
フェイシングも短め
ヤナギサワメタルの7までなら初心者でもOK

個人的には好きではないですが、ジャズ用に調整したものはいいです。

シルバーのメタルはだいたい音にスジが入ります、見えないのでスジではないのですが、空気のスジが入ったようにな鳴ります
先端が荒削りのものもあります
選定品として売っているものは先端だけ削ってあります
調整というよりかはただの削り

何十本を見ても同じで選定できないから、調整して選定品なんでしょうね
その選定品の中でも、これが絶対にいいというものが見つからないのは、未調整品よりちょっとだけいいからです、フラジオはあまり使わないからいいか、とあきらめになってしまいます

プロ使用のヤナギサワメタルは調整してあります、というよりバッフル改造までしてあるのもあります

何でもいいのでネットで買って調整依頼していただいたほうがいいと思います

アクリルマウスピース

ファイル 126-1.jpeg

ネットで1000円以下で売っている
アクリルマウスピース

買った時点では調整悪いですが、調整してみたら割といいです
前に出る音です、材質的には鳴りやすいようです
自分に聞こえてきやすい音

録音してみないとわからないので
次回はこれで録音します

自分のマウスピース

自分のマウスピースを選ぶのも迷います
今は、中国メタルかJumbojavaか、レイキー、ピーチラーメタル、のどれかにしたいとこですが、吹きやすさでは中国メタルの改造版、音ではピーチラーメタルか中国メタル、音の広がりではJumbojava

録音では決めないでいろいろ使用しますが、中国メタルは10本の中からいろいろ使用してます
メーカー品はいいのはわかってるのであまり使用しません

中国メタルは販売してます、来れる方は試奏可です

あなたの、持っているけど使えないというマウスピースの調整も致します

マウスピースの調整

マウスピースの調整
マウスピースの調整はほんのちょっとです

調整ポイントがわかってないと、よくなったり悪くなったりを繰り返し
削り過ぎてしまいます

わたしの場合は最近は調整するスピードもあがりました
ひどく悪い場合はリードの当たる面全てを削る事になりますが
それほどでない場合はほんのちょっとの削りです、メッキだとメッキの厚さ以下の削りでも直る場合があります。

高価なGP金メッキの場合は調整していません。高価なものは調整はいいと思います?

持ち込み調整もかかる時間は2時間ほどですので御依頼お待ちしています

マウスピースを選ぶ

市販のマウスピースでいいものがない、と言いますが、音は出るし曲も吹けます、音が出にくいと言うのもレベルの問題です
普通に吹けるマウスピースでも調整すればガラリと変わります

音や吹きやすさを決めるのはマウスピースです
セルマーならみんな音がいいわけではないですし
ベテランでもマウスピースに悩む人は多いです

マウスピースを選ぶ場合は
吹きやすさで選びます
吹きやすければ、音質もついてきます
選定する場合は何種類かのリードで試す
どのリードが吹きやすいかではなく、どれでも鳴るか、リードによって音の変化がわかるか。

オープンは普通のものを選ぶ、よくある話では、初心者が将来上手くなるからと、無理したオープンを買うと失敗します
今合うものが必要です

アルトが7だからテナーは少し広いものを、という場合も多いですが、アルトと同じオープンから試しましょう

材質や内部構造でも音は変わりますが、吹きやすさ重視で買いましょう

リードもある程度ウォーミングアップして、リードの位置などもいろいろやりますが、そこに集中します

高音を出すのに無理はないか、低音でミスらないか、息の量は少なくて大丈夫かなど

一番は、買ったら調整依頼お待ちしてます
全く使わないマウスピースでも鳴りをよくできます
持っている物を見直しましょう

ページ移動


サックスをはじめよう サックス調整 マウスピース調整