記事一覧

アクリルマウスピース

ファイル 126-1.jpeg

ネットで1000円以下で売っている
アクリルマウスピース

買った時点では調整悪いですが、調整してみたら割といいです
前に出る音です、材質的には鳴りやすいようです
自分に聞こえてきやすい音

録音してみないとわからないので
次回はこれで録音します

自分のマウスピース

自分のマウスピースを選ぶのも迷います
今は、中国メタルかJumbojavaか、レイキー、ピーチラーメタル、のどれかにしたいとこですが、吹きやすさでは中国メタルの改造版、音ではピーチラーメタルか中国メタル、音の広がりではJumbojava

録音では決めないでいろいろ使用しますが、中国メタルは10本の中からいろいろ使用してます
メーカー品はいいのはわかってるのであまり使用しません

中国メタルは販売してます、来れる方は試奏可です

あなたの、持っているけど使えないというマウスピースの調整も致します

マウスピースの調整

マウスピースの調整
マウスピースの調整はほんのちょっとです

調整ポイントがわかってないと、よくなったり悪くなったりを繰り返し
削り過ぎてしまいます

わたしの場合は最近は調整するスピードもあがりました
ひどく悪い場合はリードの当たる面全てを削る事になりますが
それほどでない場合はほんのちょっとの削りです、メッキだとメッキの厚さ以下の削りでも直る場合があります。

高価なGP金メッキの場合は調整していません。高価なものは調整はいいと思います?

持ち込み調整もかかる時間は2時間ほどですので御依頼お待ちしています

マウスピースを選ぶ

市販のマウスピースでいいものがない、と言いますが、音は出るし曲も吹けます、音が出にくいと言うのもレベルの問題です
普通に吹けるマウスピースでも調整すればガラリと変わります

音や吹きやすさを決めるのはマウスピースです
セルマーならみんな音がいいわけではないですし
ベテランでもマウスピースに悩む人は多いです

マウスピースを選ぶ場合は
吹きやすさで選びます
吹きやすければ、音質もついてきます
選定する場合は何種類かのリードで試す
どのリードが吹きやすいかではなく、どれでも鳴るか、リードによって音の変化がわかるか。

オープンは普通のものを選ぶ、よくある話では、初心者が将来上手くなるからと、無理したオープンを買うと失敗します
今合うものが必要です

アルトが7だからテナーは少し広いものを、という場合も多いですが、アルトと同じオープンから試しましょう

材質や内部構造でも音は変わりますが、吹きやすさ重視で買いましょう

リードもある程度ウォーミングアップして、リードの位置などもいろいろやりますが、そこに集中します

高音を出すのに無理はないか、低音でミスらないか、息の量は少なくて大丈夫かなど

一番は、買ったら調整依頼お待ちしてます
全く使わないマウスピースでも鳴りをよくできます
持っている物を見直しましょう

マウスピース

マウスピースは市販のままでは調整が悪い場合がほとんどです。

悪いというのは音が出ないという意味ではないです、音質や吹きごこちの問題です。市販のものでも曲は吹けます

教本どおりにやってもダメなのは、マウスピースの調整が講師とは違うからです。

調整に出すか、選定品を買いましょう。

選定品でも割りとよく鳴るだけで、完璧ではないものは多いです
フラジオやファズが出ないならマウスピース調整をお待ちしています。

当方の調整は鳴るようにするだけではないので、ほぼ完璧になります。

マウスピースを買ったら調整を。

初心者のおすすめマウスピースはメイヤー
バンドレン、セルマー、ヤマハなどの普通のもの。

リードを選べないと鳴りやすくはなりませんが、調整すればどんなリードでもサイズさえ合っていれば大丈夫です。
リードも不良品を売っているわけではないので、リードが悪いと思うよりは、マウスピースの調整が悪い場合、音は出ても簡単に鳴りません、簡単に鳴ることが練習する前提です。

講師がいる場合は選んでもらいましょう。

メイヤーは調整すると抜群です。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Vandoren アルトサックス用マウスピース OPTIMAM AL4
価格:14083円(税込、送料別) (2019/5/19時点)




ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>

サックスをはじめよう サックス調整 マウスピース調整